閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊活を再びしてみて
  2. 雑穀米のダイエット効果が注目されています
  3. 雑穀米のダイエット効果
  4. 産後のダイエットに酵素ドリンク
  5. お酢で美容&健康生活目指しています。
  6. プチ断食をして健康的にダイエットやメタボを予防
  7. 食生活を見直して、加齢対策!美容対策!
  8. 2種類の食物繊維の摂取で便秘を解消しよう
  9. エイジングケアおすすめ化粧品
  10. Hello world!
閉じる

心と体に優しいビューティフルライフ

2種類の食物繊維の摂取で便秘を解消しよう

現代人の多くが悩んでいる便秘

便秘で悩んでいる女性が増加しています。小学生で便秘に悩んでいる子も沢山います。
このような状態であれば、便秘といえるというはっきりとした決まりはありませんが、
お腹が張って苦しい、便が出そうなのになかなか出てこない、というような症状がある場合は、便秘であると言えるようです。

通常は1日に1回、便が出るとされていますが、人によっては3日に1回とかの人もいます。
それでも、排便が困難でなかったり、腹部が張ったり、不快な症状がなければ、便秘とされない場合もあります。
規則的に出ているのであれば問題はないのですが、
不規則で、しかも週に1回しか出ないというような場合は、だんだん便がかたくなっていき、さらに排便困難な状態となるため、治療が必要となることもあります。

便秘になる理由

どうして便秘になってしまうのかですが、便秘といっても種類があり、器質性便秘と機能性便秘というものに分けることができます。

器質性便秘は腸の形に原因があったり、腸にポリープができていたりして、便が出にくい状態になっているものをいいます。

機能性便秘は、さらに急性のものと慢性のものに分けることができ、ストレスがたまっていたり食生活のバランスが悪い、
生活が不規則であるということが原因でおこるのは、
急性の便秘で、腹筋が弱い、腸の活動が弱い、便意を感じないなどの症状は慢性のものです。

便秘を解消するには

腸に問題があることで便がきちんと排泄できない人は、原因を見つけて治療すれば治すことができます。
お医者様に相談して良い方法を提案してもらってください。

生活習慣が問題でひきおこされている便秘であれば、生活習慣を変えなくてはいけません。
トイレに行く時間をきちんとつくる、ストレスをためないようにして、ストレス解消できることを見つける、
軽い運動を行うなどを行うことで解消されるケースもあります。

食生活の改善も便秘の改善に大きく関係しています。
大豆等に含まれる不溶性の食物繊維、キャベツ等に含まれる水溶性食物繊維両方をバランスよく摂取することで便のかさを増やして、
便に水分を与えることができるので、腸の運動も活発になり、排便しやすくなります。

野菜をたくさん取ると便秘の解消につながるとされていますが、野菜が苦手だという人は、青汁を試すと良いでしょう。

青汁は水溶性の食物繊維がたっぷり配合されています。
水で溶かすだけで飲めるので、簡単に作ることができます。
便秘で悩んでいる人は試してみてはいかがでしょうか。
また、生活習慣の見直しもしっかりと行って、便秘を解消させましょう。

ページ上部へ戻る