閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊活を再びしてみて
  2. 雑穀米のダイエット効果が注目されています
  3. 雑穀米のダイエット効果
  4. 産後のダイエットに酵素ドリンク
  5. お酢で美容&健康生活目指しています。
  6. プチ断食をして健康的にダイエットやメタボを予防
  7. 食生活を見直して、加齢対策!美容対策!
  8. 2種類の食物繊維の摂取で便秘を解消しよう
  9. エイジングケアおすすめ化粧品
  10. Hello world!
閉じる

心と体に優しいビューティフルライフ

プチ断食をして健康的にダイエットやメタボを予防

プチ断食が全国的に流行中

 

断食と言えばイスラム教のラマダーンのような断食を想像しますが、最近はそういった宗教とは全く関係なく断食を行う人が徐々に増えつつあります。
断食と聞けば過酷なイメージですが、ファスティングというライトな呼び名でプチ断食を行う人が増えているのは一体何故なんでしょうか?

プチ断食をする目的は一体?

 

老若男女、様々な年代の人が気軽な気持ちで始める断食の目的は、最も多いのがダイエット、
次に多いのが年齢によって進行してきたメタボリックシンドロームを予防、もしくは改善することにあるみたいです。
ファスティング(断食)の中には、毎日欠かさず食べていた通常の食事を控え、胃や腸を空っぽにすることを目的としている断食も存在します。
これを行うと常に動き続けていた内臓を休ませることができ、
その休ませる時間が長ければ長いほどデトックス効果、いわゆる解毒効果が高まるとされています。
体に溜まった老廃物などを出すのに断食は効果的なようです。
青汁を飲むとデトックスにも有効ですね。

断食をするには?

 

断食と聞くと、寺に籠って厳しい指導のもとで飲まず食わずで修行とゆうイメージがあるかもしれませんが、
現在主流になっている断食はそういった過酷なものではありません。
多くの方が実践している断食は全く食べないわけではなく、普通の食事を食べない代わりに野菜ジュースや青汁、専用の栄養ドリンクなどを飲む方法が一般的になっています。
体の健康維持に必要最低限のカロリーやミネラル、ビタミンなどの栄養素はちゃんと補給しながらの断食となります。
ですから常に空腹といった状態ではありません。飲まず食わずの過酷な断食と違い、家庭で安全かつ健康的に行えるのが現在のダイエットです。

プチ断食の効果はどうなんでしょう?

 

通常の食事をとらないので、もちろん接種カロリーは大幅に減ります。
野菜ジュースや青汁などを飲んでいますから体に必要な栄養素は補給しながらカロリーは減らせるため、ダイエット効果が期待できます。
また、通常の食事を全くとらないでいると体を動かすエネルギーや脳の働きに必要不可欠な糖分が不足するため、
体内では足りない糖分を補うために脂肪を分解してケトン体が作られます。
ケトン体は足りない糖分の代わりに脳のエネルギーになることができますから、
食事をとらずに糖分の摂取が減っている断食期間中にこのケトン体を作る働きが起きれば、現代人の間で問題になっているメタボリックシンドロームの予防につながるかもしれません。
断食はメタボにも効果があるわけです。
しかし、身体の中で糖分不足によるケトン体生成が増えすぎてしまうと、体はケトアシドーシスという状態になることがあります。ケトアシドーシスとは血液が酸性に傾く症状で、
場合によっては重篤な意識障害に陥ることもあるので無理な断食には注意が必要です。

断食により老廃物などが排出、いわゆるデトックスができるとする考えですが、
確かに断食を行うと体の中に蓄積されていた老廃物などが排出され、
腸などの働きが正常に戻るため、便秘が改善したと感じる方が多数おられるみたいです。
これは空腹期強収縮とゆう状態になったためと考えられています。
人の身体は空腹になると、胃や小腸は活動を開始し体内に残っている食べカスや不要な老廃物などを大腸に運び、排便での排出の準備に取り掛かります。
これは食後7時間程度で起きる収縮現象なので、前日の夜に全く何も食べなければ、翌朝には必ず起きる現象です。
これの収縮により、溜まっていた便が排出された可能性が非常に高いです。
また、よく言われている腸の中の壁にへばり付いているとされる宿便ですが、医学的には宿便は存在しないといわれています。
これは大腸の壁は他の臓器に比べ細胞の新陳代謝が非常に活発で、腸の壁面は常にツルツルの状態なので便がこびりつくことはできないとゆうことみたいです。

最近は断食中に利用する飲料で青汁を飲用して断食に臨んでいる人がおられます。
確かに皆さんもご存じの通り、
青汁には普段の生活に不足している豊富なミネラルとビタミン、食物繊維が大量に含まれているので青汁を使用した断食は適していると言えます。
ただ、やはり断食を行う場合は断食の正しい方法をきちんと理解して、
体に負担をかけないよう安全面に配慮しながら、無理のないように取り組むようにしてください。

関連記事

  1. 雑穀米のダイエット効果

  2. 雑穀米のダイエット効果が注目されています

  3. 産後のダイエットに酵素ドリンク

ページ上部へ戻る