閉じる
閉じる
閉じる
  1. 妊活を再びしてみて
  2. 雑穀米のダイエット効果が注目されています
  3. 雑穀米のダイエット効果
  4. 産後のダイエットに酵素ドリンク
  5. お酢で美容&健康生活目指しています。
  6. プチ断食をして健康的にダイエットやメタボを予防
  7. 食生活を見直して、加齢対策!美容対策!
  8. 2種類の食物繊維の摂取で便秘を解消しよう
  9. エイジングケアおすすめ化粧品
  10. Hello world!
閉じる

心と体に優しいビューティフルライフ

妊活を再びしてみて

今は子供は3人いるのですが既に3人とも大きくなりまた新たに子供が欲しいと夫婦間でいうようになり新たな子作りにトライしている最中であります。

最初は簡単にできると考えていて、産み分けにでもトライしてみようかな、とピンクゼリー 比較をして購入してみたりもしました。

でも実際には3人を妊娠して出産してから10年以上も時があいてしまうとやはり妊娠しづらいんだなーと感じる今です。
当時は排卵日などの計算もなく日常の夜の営みで授かった子宝でした。
普通に夜の営みを避妊なしですることで子供ができる体なんだなー程度に考えていました。
しかし40代ともなるとそうはいきませんでした。
いざ前のように避妊もせず最初は夜の営みをある程度感覚を空けずすることで妊娠するだろうなー程度に考えていましたが、妊娠することはありませんでした。
来る月来る月待ってもいない生理が来てしまっています。
夫婦間ではやっぱり昔のようにはいかないのかなーと話をしましたがそれでは諦めきれず、婦人科へ受診を夫婦でいき妊娠できるかを検査することがありました。
旦那の精子細胞は異常はありませんでしたが、私は三人目を出産したとき子宮が少し異常があったためか、先生から奥さんは妊娠しずらい体ですねとの診断でした。
しかし可能性はゼロではないよとのお言葉もいただいたので、排卵が起こる日を計算して頑張ってみてくださいとのことだったのでまずは私自身の排卵を計算して夫婦営みを行ってみました。
しかしそれでも子宝は恵まれていないのが現状ではあります。
最初は新たな子供を頑張っていた私も主人も時が経過すると営みも義務化してしまい段々と今日はやめよう?となっているのが今なのかなと感じます。
同世代の方の妊娠は妊娠しても出産にリスクが多くあり生まれてくる子供にも障害等を抱えてしますことは承知しています。
本当は今のいる3人だけでも世間ではいいのかもしれませんが、この年齢になってというのと子供たちがある程度大きくなった今だからこその思いでもあるのでなんとかまた、新たな子宝をもらえるよう頑張りたいと考えます。

ネットなどでも妊娠について検索して知らない知識なども取り入れ妊娠がこの年でもすることができればと考えます。

ひと月を通しての活動というのは年齢的に私が良くても旦那がという体力的部分も考え無理のない営みで授かることができればと今は最初の感情より少しゆったりとした妊活になればと心身的に夫婦相互で考えています。授かることが出来たら神様ありがと、もし授かることが今後の人生でなくてもそれは仕方ないことと割り切り考えるようにしています。

私のように考え過ごす方や同世代の共感や助言になれば幸いです。

関連記事

  1. Hello world!

ページ上部へ戻る